読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クサガメさんと私

最近我が家にやって来たクサガメさんのことを中心にお送りします。多分。

体重計測


8月19日の計測結果です。

f:id:rosed:20150821111441j:image

見えにくい


f:id:rosed:20150821111455j:image

って、やっぱり見えにくいですが。
体重は24.7グラムくらいですかね?
まあ、順調に育ってます。
甲長も50ミリ超えました。
手のひらに乗せてもちょっとずしっときます(笑
それでもってぽんちくりんで大変可愛らしいです。

しかしかし。
この方の甲羅干しし無いっぷりを見るにつけ、このまんま順調に大きくしてしまって大丈夫なのか、若干の心配が残ります。
できれば綺麗な甲羅を保たせてあげたいなあと。
でも一人でお外に出しておくのは、カラスとか猫とか怖いですし。
カゴとかかぶせても、ひっくり返されそうな気がするんですよね。
ちょっとこちらも要対策という感じ。

可愛らしいと言えば。
ついにとうとうこの日がやってきました!
信長様、ついに私の手から直接ご飯を召し上がりになられましたのでございます!(日本語がおかしい)
こう、親指と人さし指で挟んだまあるい餌をパクッと!!!!
とは言え、どうやらこれは期間限定のようで。
詰まる所、お腹が空いている時は我を忘れているのか
食欲という欲求を満たすことに特化しているのか
パクリと食いついてくれるようです。
しばらくパクパク食べてお腹が満たされてくると気がついてしまうようで(笑
名残惜しそうに何度も餌と指を見比べながら水の中で待つというか。
なんだかそんな感じで、待機状態になってしまいます。
でもみた感じ、指先からもらうほうが食べやすそうと言うか。
水中で餌を追いかける図というのはなんと言うか、パン食い競争みたいで非常に可愛いのですが、おさえてもらうほうが食べやすそうな感じがします。
実際、水に浮かべてもキョロキョロと指を探しているような仕草をしていて(気のせいかもしれないですが)、でも指でつまんでめのまえにダスト尻込みすると言うか。
単純にお腹いっぱいなだけかもですが。
まあ、その後でも餌を探しているようなので、やっぱり食べやすいのかなあと。

あてになら無い考察はさておき。
念願であった手ずからご飯がかなって、非常に嬉しいです。

あとは、ご飯をくれる人!程度の認識でもしてくれたら嬉しいな、というところ。


そう言えばフィルター。
ほぼ毎日換水してるし、微生物系の云々は全く期待して無いのですが、物理的なゴミも吸い込まれてい無いような。
ポンプで吸い出した水色をみてもあからさまに薄緑というか、薄黄緑というか。
っていうか、信長様の甲羅から剥がれ落ちたらしい皮膚の一部?のようなゴミがプカプカくるくる回ってます。
みた感じ、ポンプの吸い込む勢いでゴミも引き寄せられているようですが、上から吐き出される水に押し流されているというか。
一番の敗因はコンテナが狭いことのような気もしますが。

f:id:rosed:20150821113000j:image

あ、そうそう。
現在のレイアウトはこんな感じで
なんとなく水流が行き渡って無いような気がしたので、カゴは排除してみました。
まあ、カゴがなくても石を増やしたので、信長様が縦になってお休みになることも無くなったようです。
大きめの石にしがみついているというか
張り付いているのをよく目撃します。
とても可愛らしい。
石を増やしたからか、爪の方も以前より短くなっている気がします。
いいのか悪いのかはわから無いですが、信長様がお住まいになっていらっしゃったと思われる、ご近所の河原風景もこんな感じで小石の多いところなので、問題ないかなあとは思っているんですが。
どんなもんでしょうかね。
見るとカメさんは爪で立っているようなので。
これ以上爪が削れるのも問題なのかどうなのか。様子見な感じでございます。