クサガメさんと私

最近我が家にやって来たクサガメさんのことを中心にお送りします。多分。

縦移動

 

f:id:rosed:20180714083938j:image

 

子供の頃にも亀を飼育したことはあったのですが。

のぶ様と暮らしてみて初めて知ることというのは数多くあります。

たとえば、亀が存外大きくなることとか。

しかし。何よりも驚いたのは、この縦移動ですかね。

狭いところを通る時などよく見かけます。

縦になったり、横向きで縦になってたり、さらに側転してたり。

関節がどうなっているのかは、常に疑問に思うところ。

 

f:id:rosed:20180714084501j:image

 

よせよ

って感じでしょうか。

 

お可愛らしい。

 

そういえば、自宅付近をアカミミさんが爆走していました。

近くに川だの池だのないので、ご近所さんで飼育されている子なのかなと思われますが。

聞いたことないんですよね。

ブッシュっとか言いながら、ものすごい勢いで通過して行ったので、保護できまでんでしたが。

心配です。

 

 

 

のぶさまはお元気です

f:id:rosed:20180624150100j:image

 

アンニュイな感じ?

 

確実に座敷ガメへの道を歩み始めているのぶさまですが

指定席は座椅子の裏のブランケットの間なのでシャッターチャンスがほとんどなく

ご無沙汰しております次第。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

昨年、今年と甲羅干しもとんとこぶたさんなのぶさまですが

先週の日曜日から少しづつ干すようになりました。

とはいえほぼリクガメなんで、そういう意味では問題ないんですかね。

別の問題はありそうですが。

ここの記録を見る限り、昨年の八月ぶりの甲羅干しみたいで、ボックリです。

記録大事。

 

体重測定

お食事処へご案内しようとしましたら、なんだかひどくノブナガさまが軽くなっているような気がして、慌てて体重測定などしてみたわけですが。

701グラムという我が目を疑う結果を得られたわけでございまして。

f:id:rosed:20170803063821j:image

やはりおやつが多いのか?

もう少し朝ごはんも食べたいようですが。

プニとの兼ね合いもありますし。

なかなか難しいものでございます。

ほしたー!!!!

f:id:rosed:20170802160020j:image

 

やったー!!!

何ヶ月ぶりでしょうか!

やっと自主的に干し始めました!!!

気温が低くいから、セラミックヒーターをONにしたのが勝因でしょうか。

夏場のライト浴が難しくなっている今日この頃。

ライト浴記念UP。

目標を誤ってますよ

のぶさま。のお食事風景。

 

f:id:rosed:20170722095348j:plain

 

狙われているのは、わたくしの指と思われ。
まあ、確かにご飯よりは大きいですが。
食べられませんから!

 

f:id:rosed:20170722095600j:plain

 

この瞬間が見たくて、お世話係をしているといっても過言ではない。
くらいにはかわいい瞬間です。

 

f:id:rosed:20170722095605j:plain

 

狙いを定めています。

 

f:id:rosed:20170722095609j:plain

 

お可愛らしい。

体重測定

f:id:rosed:20170628115037j:plain

 

なんというかですね。
二度、三度見してしまったほど、大きくおなりでございます。
やっぱりご飯は要調整でしょうか。
でも、あの「足りません!」の顔を見るとどうにも弱いお世話係なのでございます。

だがしかーし!
立派なぷにを観測するに、心は鬼にするべきかとおもう今日この頃。
おかめさまに負けない精神力が必須なようでございます。

 

f:id:rosed:20170628115044j:plain

 

測定中の信長様。
激しく、嫌がってます。

 

f:id:rosed:20170628115051j:plain

 

そしてこちらは、お食事処で待機中の信長様。
暴れる被写体はブレブレでございます。

 

f:id:rosed:20170628115056j:plain

 

幻想的なあれではないですよー
ただの被写体ブレですよー

 

f:id:rosed:20170628115100j:plain

 

こんな状態でも愛らしいとは。
おかめさまとは、なんと罪な生き物か。

 

そういえば、時々のぶさま。はお世話係によって「ちょりさん」などと呼ばれていたりするわけなんですが。
語源は「小さい」とかそんなことではないかとおもわれます。が、正確なところは不明です。
信長ちょりさんが、のぶちょりさんになって、それはいつしか激しく省略化されて、ついにはちょりさん呼ばわりになってしまうというあれなんですけども。
先日、姉が遊びに来たんですが。
姉家のおヌコ様もちょりさんと呼ばれているとか。
思考回路の類似性がなす業なのか、血中に潜む何かの陰謀なのか。
恐ろしいお話にございます(笑