クサガメさんと私

最近我が家にやって来たクサガメさんのことを中心にお送りします。多分。

体重測定

f:id:rosed:20170628115037j:plain

 

なんというかですね。
二度、三度見してしまったほど、大きくおなりでございます。
やっぱりご飯は要調整でしょうか。
でも、あの「足りません!」の顔を見るとどうにも弱いお世話係なのでございます。

だがしかーし!
立派なぷにを観測するに、心は鬼にするべきかとおもう今日この頃。
おかめさまに負けない精神力が必須なようでございます。

 

f:id:rosed:20170628115044j:plain

 

測定中の信長様。
激しく、嫌がってます。

 

f:id:rosed:20170628115051j:plain

 

そしてこちらは、お食事処で待機中の信長様。
暴れる被写体はブレブレでございます。

 

f:id:rosed:20170628115056j:plain

 

幻想的なあれではないですよー
ただの被写体ブレですよー

 

f:id:rosed:20170628115100j:plain

 

こんな状態でも愛らしいとは。
おかめさまとは、なんと罪な生き物か。

 

そういえば、時々のぶさま。はお世話係によって「ちょりさん」などと呼ばれていたりするわけなんですが。
語源は「小さい」とかそんなことではないかとおもわれます。が、正確なところは不明です。
信長ちょりさんが、のぶちょりさんになって、それはいつしか激しく省略化されて、ついにはちょりさん呼ばわりになってしまうというあれなんですけども。
先日、姉が遊びに来たんですが。
姉家のおヌコ様もちょりさんと呼ばれているとか。
思考回路の類似性がなす業なのか、血中に潜む何かの陰謀なのか。
恐ろしいお話にございます(笑

広告を非表示にする